世界の医療団(メドゥサン・ドュ・モンド・ジャポン)

あなたの寄付で支援を求める遠くの誰かに、医療で笑顔を届けます。 「もったいない」の気持ちを誰かの「うれしい」に変える仕組み。 古着や不用品で活動をサポート。

  • local_offer国際協力
  • local_offer保健・医療増進
  • local_offer人権保護

医療ボランティアを日本国内・世界各国に派遣して人道支援に取り組む国際NGO。政策提言や証言活動を含めた幅広い活動に取り組んでいる。

  • 0件
  • ¥0

寄付金控除対象

この団体への寄付は、最大約50%の税控除が受けられます。詳しくはこちら

私たちのビジョン

ここ日本でも活動中、 人道医療支援に取り組む国際NGOです。 国籍、人種、民族、思想、宗教など、あらゆる壁を越えて、世界各地で「医療」から疎外された人々の支援にあたること、それが私たちの使命です。

私たちの取り組む課題

誰もが治療を受けられる未来を―海外そして国内で医療から疎外された人に寄り添う団体、それがNGO世界の医療団です。


生まれる場所ほんの少し違うだけなのに、私たちの「当たり前」が「当たり前」じゃなくなる世界のことを、ご存知ですか?


紛争災害貧困差別の対象となった弱い立場の人々に医療を届け、無償で治療をほどこし、再び笑顔で過ごせる日までサポートする、 私たちはそんな活動を世界各地で続けています

なぜこの課題に取り組むのか

日本支部の活動は95年の阪神淡路大震災の時から。

世界の医療団は、海外だけでなくここ日本でも、 それぞれの土地に合わせ柔軟な支援活動を展開しています。

ただ治療するだけじゃなく、 コミュニティーが自立できるその日まで、 支援を続けること。

紛争や災害で奪われるのは人の命や健康だけではありません。 それまであった生活や、 人との関り、 コミュニティー全体が傷つきます。

私たちは、 支援が終わったその先も見据え、 現地の人たちに時間をかけて寄り添いながら、 すべての人が平等に医療を受けられる状態が回復するまで、 丁寧にケアします。

 

■例えば海外のこんなところで・・・

海外旅行で訪れる人も多い東南アジアの国々には、 手術すれば簡単に治すことができる疾患が放置されています。

例えば400人~600人に1人の割合で起こると言われている口唇裂。 赤ちゃんの口元が割れてしまう生まれつきの疾患です。 言葉をしゃべり、ご飯を食べ、笑顔を作る大切な口元に問題を抱えた子どもたち。そんな彼らに笑顔を届けるため、整形外科手術の上手な日本のお医者さんが、たくさん派遣されています。

バングラデシュ、カンボジア、ラオス、モンゴル、ベトナム、ネパール、エチオピア、ニジェール、ルワンダ、マダガスカルなどの多くの国々で活動する世界の医療団。

日本のチームはこれまで1500件以上の外科手術を成功させています。

 

■日本の片隅で支援を待つ人のところへ・・・

東日本大震災から8年。 東北の街は少しずつ活気ある姿を取り戻しつつあります。 そんななか、街並みは戻っても戻らないものがあります。

世界の医療団では震災直後から現在まで、東北・福島で被災した地域への支援を今も続けています。

心の傷は時間が経ってから思わぬ形で発現するものです。

震災をきっかけにひとり親世帯になってしまったご家庭も多く、地域の子どもたちは成長とともに新たな悩みを抱えるケースも。

まだ復興は、終わっていません。 今、世界の医療団が派遣する心のケアの専門家が、必要とされています。

 

■医療だけじゃないこんな活動も・・・

困っている人の声を世界に届ける、 証言活動。

医療にアクセスできず支援を必要とする人たちの声を代弁し、 何が起きているのか、 何が必要なのかを伝えることも、私たちの大切な活動です。

支援の先には必ず、 名前も顔もある一人の人間がいます。

そんな一人一人のストーリーを伝え、世界に向けて問題解決のための呼びかけることが必要です。

団体名
世界の医療団(メドゥサン・ドュ・モンド・ジャポン)
住所
〒106-0044
東京都港区東麻布2-6-10麻布善波ビル2F
代表者名
オスタン・ガエル
電話番号
03-3585-6436
公式ホームページ
https://www.mdm.or.jp/